長年難治性の口内炎と闘いながらも明るく生きるアフタmomがお口の健康について考え追求していくブログ

口内炎と闘うアフタmomの研究室~お口の健康を守りたい~

口臭

口臭を自分で調べる方法と臭いの違いでわかる口臭の原因!!

更新日:

自分の口臭…気になりませんか?

そもそも自分では気がつきにくい自分の口臭…

 

特に女性は…いや男性もですが、とってもとってもデリケートな問題ですよね。

人にも聞きづらいし、家族同志でもなんとなく言いにくいものです。

 

でも自分に口臭があるのかないのか…これは知っておきたいです。

他人に不快な思いをさせるのも嫌ですし、何より自分が恥ずかしい思い、嫌な思いをしたくないですね。

「口、臭いね」なんて言われた日には…恥ずかしくて穴があったら入りたい…

想像するだけで…消えたくなっちゃいます!

 

そんなことにならないためにもまずは自分の口臭があるのかないのかと原因を知ることから始めていきましょう!!

スポンサーリンク

自分の口臭を知ろう!口臭を調べる方法

1.コップに息を吹きかけて嗅ぐ

1番簡単に調べられる方法です。

コップに息を吹きかけて蓋をして5秒ぐらいしてから深呼吸をした後に臭いを嗅ぎます。

とても手軽にできる方法ですので、今すぐ知りたい、とりあえず知りたいという方はぜひやってみてください。

2.唾液の臭いを嗅ぐ

・舌の上を指でなでて臭いを嗅ぐ

・歯と歯茎の間を指で押さえて臭いを嗅ぐ

・手をなめて乾かした臭いを嗅ぐ

 

また、正確に(?)自分の口臭を知りたいという方は以前【ホンマでっか!?TV】で紹介されたこんな方法もあります。

スプーン2杯の唾液と舌と歯茎を拭ったコットンを瓶に入れます。

そして、水を張った鍋に瓶を入れ、それをひと煮立ちさせたものの臭い。

それが自分本来の口臭らしいです。

なんかちょっと勇気がいりますね(笑)

3.デンタルフロスや歯間ブラシの臭いを嗅ぐ

これもちょっと勇気がいる…というより想像すると笑えてしまいます。

使用後の自分のデンタルフロスを嗅いでいる姿…

 

でも自分の口臭を知ることは大切なのでぜひやってみましょう!

 

他の調べ方もそうですが、人目につかないようにこそっとやれば大丈夫です!!!

こそっとやってしまいましょう(笑)

 

口臭チェッカーを使う

上記の方法はどうもイヤ…という方や、よくわからなかった方、口臭がありかなしか白黒つけたい!(笑)という方は口臭チェッカーというものがあります。

ネットでも購入可能です。

いくつかのメーカーがあるようですが、タニタ社のブレスチェッカーが1番有名みたいです。

出典:https://biiki.ueb-a.com

 

口臭チェッカーの価格は2000円~5000円ぐらいです。

 

口臭チェッカーは数値によってレベル分けされているようです。

 

タニタ社のブレスチェッカーを例に挙げると、レベルが1~5までありセンサーによって口臭ガスVSCというものを感知します。

健康な普通の人でも口臭はありますので、レベル1~2は全然大丈夫だそうです。

 

いつもレベル3以上だと問題になってくるようです。

 

気になる方はネットで購入できるので、購入して調べてみるのもいいと思います。

原因

口臭は体の不調のサインとしてあらわれるもので、健康のバロメーターでもあります。

そういう意味でも自分の口臭を知るということはとても大切ですね!

 

口臭の原因は様々で口臭の種類によって、自分の体のどこに異常があるのか予測することができます。

 

 歯周病

歯周病になると膿臭い、血生臭い口臭がします。

歯周ポケットに膿が溜まり、それが膿臭いにおいや血生臭いにおいの原因となります。

さらに進行すると歯磨きの際に出血しやすくなり、血のにおいがいつまでも続くようになります。

 

また歯周病菌が発する硫黄ガス(VSC)はとても悪臭がします!

物が腐ったような生臭いにおいがします。

歯周病になるとそれだけでもう悪臭を発生する原因となってしまうんですね。

虫歯・プラーク

歯磨き不足などでプラーク(歯垢)がくっついていると、そこから虫歯に進行して細菌が増殖します。

細菌は口臭の原因になります。

プラーク自体にもにおいがありますが細菌が増殖することでにおいが強くなります。

歯周病と同じような腐敗臭、物が腐ったようなにおいがします。

 

また詰め物や銀歯が合っていないと食べかすが溜まりやすくなり、それが虫歯の原因、そして口臭の原因となってしまうこともあります。

歯周病もですが、歯医者さんに行って早めに治療してもらうことは口臭の原因を取り除くことにもつながりますので、心当たりがある方は早めに歯医者さんに行きましょうね!

 

甘酢っぱいにおいや漬物やチーズのようなにおいがするときには、食べかすが唾液中の酵素によって分解することでおこります。

こういう場合は日常の口腔ケア、歯磨きを十分に行うことで改善できます。

舌苔

舌苔とは舌の表面についている白い苔のことです。

舌苔の正体は食べかすや細胞の死骸に細菌が繁殖したもので、歯につくプラークと同じです。

 

苔の細菌はたんぱく質を分解して臭い物質を作ります。

舌が乾燥すると臭い物質がガス化して口臭の原因となります。

舌苔は誰にでもあるものですが、舌苔が多いとにおいも強くなります。

 

また、舌苔の臭い物質は唾液に溶け込みます。

唾液も酵素が含まれているので元々少しはにおいがあります。

でも舌苔のにおいが溶け込むとにおいが強くなってしまいます。

舌苔が原因の口臭も腐敗臭やどぶ臭いにおいが特徴です。

喉の膿栓・膿汁

膿栓や膿汁は扁桃炎になった時に、細菌と戦った白血球の死骸や細菌が粘液に交じりできるものです。

膿栓は臭い玉とも呼ばれ口蓋扁桃にできることが多いのですが、喉を開けて白い塊が見えたらそれは膿栓かもしれません。

膿栓は誰にでもできる可能性があります。

 

膿汁は扁桃から分泌される粘液に細菌が繁殖したもので、膿栓はこれに食べかすなどの汚れが混じって固まったものです。

これらが原因の口臭はどぶ臭いにおい、下水臭がします。

喉から鼻にぬけるため、自分でもにおいを感じやすいようです。

スポンサーリンク

 蓄膿症・鼻炎・鼻づまり

鼻の病気が原因で口臭がある人は意外と多いです。

鼻がつまると口呼吸になることで口腔内が乾燥して細菌が繁殖しやすくなり、膿栓や舌苔もできやすくなりその結果口臭も発生してしまいます。

 

また蓄膿症や鼻炎は後鼻漏(鼻水が喉に流れる)の原因となり、喉の壁に鼻水がついてしまい細菌が繁殖しやすくなります。

これが膿栓や膿汁の原因にもなり口臭につながります。

 

上記のことから鼻が原因の口臭も腐敗臭やどぶ臭いにおいが多くなります。

蓄膿症になると動物園のにおい、生ごみのにおいがすると表現されることもあります。

 

喫煙

これはあまり説明しなくてもお分かりの方が多いのではないでしょうか?

喫煙するとニコチン・タール臭がします。

ニコチンやタールは粘膜にくっついたり、唾液に交じって吐く息もたばこ臭くなります。

 

アフタmomはあまり神経質なタイプではないのですが、最近は分煙されていることも多いせいかタバコを吸われているとすぐわかります。

喫煙はニコチン・タール臭だけでなく、歯周病のリスクも高めてしまうのでこの腐敗臭が混じると口臭が強くなってしまいます。

 

胃腸の病気・胃腸の働きの低下

食物を食べて消化をするときにはガスが発生します。

このガスはおならやゲップになって外に出てくることもありますよね。

 

腸内で発生したガスは腸内の静脈に取り込まれて肺にも入っていきます。

肺に入ったガス(においの成分)は気管や口を通って外に出てきます。

これが呼気口臭となります。

 

炭水化物系の食物ではあまりにおいは発生しないそうです。

でも肉類、卵、チーズ、バターなどのたんぱく質はおなら臭くなってしまいます!(アフタmomの好物ばかり…汗)

 

あとストレスがたまると胃腸の働きが弱くなることで、腸内の悪玉菌が増え、結果的に腐敗臭の原因となってしまうそうです。

 

おなら臭い、便のようなにおいがする口臭の時には胃腸が原因かもしれません。

その他の病気

その他にも病気によって口臭が発生する場合があります。

・糖尿病・肥満・脂質代謝異常:薬品のにおい・甘いにおい

・老化・コレステロールの代謝異常・ビタミンE不足:ガス臭いにおい・ゴム臭いにおい

・肝臓疾患・腎臓疾患:アンモニア臭

食べ物

ニンニクやネギなどのにおいが強い食べ物を食べた後には口臭がすることがあります。

でも一過性のものなのであまり気にする必要はありません。

時間が経てば自然に消えていきます。

 

自臭症

上記のどれにも当てはまらない、また口臭に過敏になりすぎて、他人からは「臭くない」と言われるけど自分は口臭がくさいと思ってしまっている人がいます。

このような症状を自臭症というそうです。

口臭はとても気になるものではありますが、誰にでも多少はあるものです。

気にしすぎてあまり過敏にならないようにしましょう。

 

おわりに

口臭と一言でいっても様々な原因があります。

そのにおいの種類から原因を予測することも可能です。

また原因は一つではなくいくつもの原因が重なっていることも少なくありません。

心当たりがある原因を一つ一つ取り除いていくことが口臭を根本的になくすことにつながります。

 

人は他人の何気ない行動から「自分は口が臭いんだ」と不安になり思い込んでしまうこともあります。

過敏になりすぎることなく、まずは自分の口臭を知ることから始めましょう。

口臭の原因を知ることは結果的に健康につながっていきますよ。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

スポンサーリンク

にほんブログ村

ぽちっとしていただけると喜びます♪
にほんブログ村 健康ブログ 口腔ケア・口の健康へ
にほんブログ村

-口臭

Copyright© 口内炎と闘うアフタmomの研究室~お口の健康を守りたい~ , 2018 All Rights Reserved.