長年難治性の口内炎と闘いながらも明るく生きるアフタmomがお口の健康について考え追求していくブログ

口内炎と闘うアフタmomの研究室~お口の健康を守りたい~

お口の健康法 虫歯 食べ物

チョコレートのお口への効果とは!?明治チョコレート効果食べ比べ!!

投稿日:

最近チョコレートの健康への効果が注目されていますよね!!

お口への効果もスゴイって知っていました??

もうすぐバレンタインってことで今回はチョコレートについて取り上げてみます♪

スポンサーリンク

チョコレートの効果とは?

チョコレートが健康にいいといわれる理由はカカオ豆に含まれているカカオポリフェノールにあります。

ポリフェノールは赤ワインや緑茶にも含まれていますが、チョコレートには赤ワインの2倍のポリフェノールが含まれているそうです。

 

ポリフェノールの効果

ポリフェノールには活性酸素を抑える働きがあります。

それによって下記のような効果が期待できます。

血圧降下

動脈硬化予防

美肌効果

アレルギー改善

脳の活性化

その他の成分にもスゴイ効果が!

カカオにはグリニンといわれる食物繊維が多く含まれています。

便秘予防になります!

 

またチョコレートは肥満の原因になりそうなイメージですが、カカオ豆に含まれるカカオバターは脂肪の吸収率が低く体脂肪になりにくいといわれています。

 

またチョコレートに含まれるカフェインの一種であるテオブロミンには、精神をリラックスさせてストレスを軽減させる効果があります。

 

チョコレートのお口への効果とは?

スポンサーリンク

チョコレートに含まれるカカオ成分には抗菌作用があります。

この抗菌作用が虫歯菌であるソブリナス菌を抑える働きがあるということがわかっています。

ちなみにこの抗菌作用はピロリ菌や大腸菌へも働きかけてくれます。

 

そしてカカオは抗菌作用にとどまらず、歯垢をできにくくする働きがあります!

つまり虫歯予防と虫歯の進行を抑えてくれる働きがあるんですね。

 

とはいえ、もちろん正しい歯磨きは必須ですし、チョコレートの選び方にも注意が必要です。

間違っても虫歯できないから~とお砂糖たっぷりのチョコレートをパクパク食べてはいけません(笑)

 

代表的な健康志向チョコレート!チョコレート効果!!

チョコレートの健康効果を期待するにはカカオ70%以上の高カカオチョコレートがおすすめです。

今はいろいろな高カカオチョコレートが販売されるようになりました。

 

その中でも代表的なのが明治『チョコレート効果』です。

『チョコレート効果』はしっかり70%以上のカカオが入っていて、しかもカカオの量もお好みで選べます。

そこで3種類のパーセンテージの違う『チョコレート効果』を食べ比べてみましたよ!

並べてけっこう満足してました(笑)

ちなみに原材料名にはしっかりカカオマストップ表示です!

 

違っていたのは内容量がカカオが増えるにつれて減っていきます。

カロリーも当然カカオが増えると減ります。

 

カカオ72%

 

ポリフェノール:127㎎(1枚)

カロリー:422キロカロリー(1箱)

苦みの程度:ほどよい苦み

 

味の感想:普通のチョコレートに比べたら苦いけど美味しい。

ビターチョコって感じ。

後味少し残るくらい?普通においしく食べられると思います。

 

カカオ86%

 

 

ポリフェノール:147㎎(1枚)

カロリー:405キロカロリー(1箱)

苦みの程度:力強い苦み

 

味の感想:はい、チョコ感なくなりました(笑)

普通のチョコレートを想像して食べてはいけません…

健康志向だと言い聞かせましょう。

でも私はビターチョコ好きなんでまだ食べられますね~。

ビターなチョコが苦手な方はちょっときついかもです。

 

カカオ95%

 

 

ポリフェノール:174㎎(1枚)

カロリー:368キロカロリー(1箱)

苦みの程度:非常に強い苦み

 

味の感想:好みの問題も‥‥ないよね、たぶん(爆)

ワタクシ、半分でギブアップ‥‥まずいんですけど…(笑)

いや、決してディスってません。

正直な感想を述べています‥‥

甘ーーーーい飲み物飲みたくなります。(逆効果…笑)

ずーーっと後味残ります‥‥へこみます‥‥

キシリトールガムでお口直しします‥‥

 

よっぽどのことがない限り86%までが私のおすすめ範囲でございます…(笑)

残った95%どうしようと思いましたが…

やっぱり砂糖を混ぜてなにか別のものに変えておいしく食べたいと思っているところであります(爆)

 

カカオポリフェノールの理想的な摂取量

カカオポリフェノールは1日に200~500㎎を数回に分けて摂取することが理想だといわれてます。

 

なので、無理にカカオ含有率が高いチョコレートを選ばなくても70%台ぐらいの美味しいやつをですね…何個か食べればいいのではないかと…思います。

いや、苦いの大好き!って方は止めませんけど(汗)

 

参考までに…一般的な美味しいチョコレートについて

私はアルフォートが大好きなので家にたまたまアルフォートもあったし、ちょっと比較してみますが‥‥

アルフォート…ビスケットで申し訳ない(笑)

基本的においしくて甘いチョコレートというのは原材料名の1番目に砂糖がきます。

(アルフォートなんで小麦粉ですけどね…汗)

 

そしてそして、何番目かにやっとカカオマスがきます。

 

ちなみに私が大好きなホワイトチョコレートやストロベリーチョコレートにはカカオマスさえも入っておりません(笑)

ただのあまーーいお菓子ですね(笑)

 

アルフォートのイチゴ味見つけて嬉しくて買いましたけど、これが原材料です。

健康効果なしです(爆)

でもおいしかったです♪

しっかり歯を磨きます!

 

おわりに

歯にはあまり良くないイメージのチョコレートですが、しっかり選べばお口の健康につながるということがわかりました。

でも個人的にはビターなやつもいいけど甘ーいチョコレートだって食べたいです…

 

大切なことはやっぱり歯磨き、日々のオーラルケアですね!!

その上で虫歯予防や健康のために高カカオチョコレートを摂取していくことはとってもいいことだと思います!

 

実際カカオ70%程度なら美味しいビターチョコですからね。

もうすぐやってくるバレンタインデー♡

大切な人のために健康的なチョコレートを選んであげるのもアリかもですね!!

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

スポンサーリンク

にほんブログ村

ぽちっとしていただけると喜びます♪
にほんブログ村 健康ブログ 口腔ケア・口の健康へ
にほんブログ村

-お口の健康法, 虫歯, 食べ物

Copyright© 口内炎と闘うアフタmomの研究室~お口の健康を守りたい~ , 2018 All Rights Reserved.