長年難治性の口内炎と闘いながらも明るく生きるアフタmomがお口の健康について考え追求していくブログ

口内炎と闘うアフタmomの研究室~お口の健康を守りたい~

娘のこと 歯の矯正

子どもの矯正は早い方がいい!?保険適用か自費か?娘の歯医者さん記録#02

投稿日:

先日、娘の矯正についてご相談しに大学病院の小児歯科に行ってきました。

それにしても大病院というのはどうしてこんなにも疲れるのでしょうか…orz

 

もちろん歯科だけでなく小児科や耳鼻科も受診したのですが…

待ち時間も関係するのでしょうけどねぇ…まあ疲れました。

 

というわけで今回は娘の矯正についてご相談した内容を書いておきたいと思います。

スポンサーリンク

大学病院の小児歯科へ

いつも通っている某大学病院の小児科の先生の紹介で小児歯科の方へ行きました。

受付で時間がかかって少し遅れ気味…超焦りました(笑)

 

でも後で聞いたのですが初診には90分時間がとってあるそうです!

さすがやっ!!!

じゃああんなに焦らなくてよかったんじゃ…っていう心のつぶやきは置いといて…

たくさんの問診票とも格闘(笑)

 

先生の第一印象はとてもとてもとても…三回言っても足りないくらい優しい雰囲気の温かい穏やかな男の先生でした。

あ…あたり♡って思いました(爆)

(いや、ハズレがあるかはわからないですが…)

 

私がぶつぶつ言いつつ(笑)問診票と格闘しているときにも「すみませんね~」って優しく言ってくださり、みいに対してもめっちゃ優しく接してくださいました。

だから初めて会う先生でもみいは全然緊張せずにニコニコでした。

 

やっぱり先生の雰囲気は大切です!!

そして先生はゆっくりみいの歯を観察…

 

矯正歯科の先生にも診てもらう

 

ここでこれまたとっても優しそうな矯正歯科の女の先生が登場!

ニコニコ笑顔で小児歯科の先生とお話されていました^^

そして二人で一通りみいの歯の観察。

 

結果…

今すぐには矯正しなくて大丈夫とのことでした。

もっと生え変わりの様子を見てからでもいいと…

あれ?早い方がいいって聞いてたけど違うのか…って思いました。

 

あえて今日することがあるとすれば、前にぐらついている乳歯があるのですがもうすでにその後ろに永久歯が生えていて抜きたいね…くらいだそうです(笑)

さすがに初日から痛い思いをさせるとトラウマになってしまうしかわいそうなので、また夏休みに来た時に残っていたら抜きましょうねってことになりました^^

 

矯正の時期は?

スポンサーリンク

 

確かに今は6歳~10歳ぐらいの時期に矯正を行った方がいいとされています。(第1期治療)

子どもの時期の方が成長発達の段階であるため顎の骨のバランスを整えやすく、また費用も安く抑えられることが多いからです。

年齢が低いほど骨が柔らかく痛みが少ないそうです。

 

でもその第1期の年齢のどこでするかというのは、先生が歯の状態を見て判断されるということでしょうね。

むやみやたらに早ければいいというものでもないのだと思いました。

 

子どもの歯並びが気になって矯正を考えられている方ってたくさんいらっしゃると思います。

そしてなるべく早めにしないと!!って思ってる方も…

 

でも慌てずに信頼できる歯医者さんで相談して、お財布とも相談して(ここ大事!)一番いい時期に開始できるといいですよね。

 

保険適用できるみたい!

以前に少しお話したことがありますが、みいは難病があります。

そのためにこの大学病院にも通っているのですが…

小児科の先生、耳鼻科の先生との連携を考えて一度大学病院の小児歯科へご相談したという経緯でした。

 

で、矯正を開始するときにどこに通院するかという問題。

大学病院…まあまあ…いや、けっこう遠いのです(涙)

矯正を開始すれば月一回の通院が必須です。

 

できれば近くの歯医者でできればいいのでしょうけど…

先生とお話していく中で大学病院で矯正しようという結論になりました。

まずはやはり大学病院でした方が他科との連携がとれること!

これは大きなメリットです。

もちろん近くの歯医者でも連携はとれるでしょうけど、やっぱり同じ病院というだけで全然連携の密度が違います。

 

そしてもう一つ。

保険が適用される!

これは小児歯科の先生や小児科の先生も知らなかったらしいのですが(笑)

矯正の保険適用が可能な病院は決まっています。

保険適用される矯正治療が可能な医療機関リスト

 

だから決められた病院や歯医者さん以外では自費ということになります。

もう一つの条件として、矯正の保険適用が認められている疾患があります

 

私も今回調べて初めて知りました。

みいの病気はこの中に入っていました。

 

厚生労働大臣が定める疾患を参考までにのせておきます。

  1. 唇顎口蓋裂
  2. ゴールデンハー症候群(鰓弓異常症を含む)
  3. 鎖骨・頭蓋骨異形成
  4. トリチャーコリンズ症候群
  5. ピエールロバン症候群
  6. ダウン症候群
  7. ラッセルシルバー症候群
  8. ターナー症候群
  9. ベックウィズ・ヴィードマン症候群
  10. ロンベルグ症候群
  11. 先天性ミオパチー(先天性筋ジストロフィーを含む)
  12. 顔面半側肥大症
  13. エリス・ヴァン・クレベルド症候群
  14. 軟骨形成不全症
  15. 外胚葉異形成症
  16. 神経線維腫症
  17. 基底細胞母斑症候群
  18. ヌーナン症候群
  19. マルファン症候群
  20. プラダーウィリー症候群
  21. 顔面裂
  22. 大理石骨病
  23. 色素失調症
  24. 口‐顔‐指症候群
  25. メービウス症候群
  26. カブキ症候群
  27. クリッペル・トレノーネイ・ウェーバー症候群
  28. ウィリアムズ症候群
  29. ビンダー症候群
  30. スティックラー症候群
  31. 小舌症
  32. 頭蓋骨癒合症(クルーゾン症候群、尖頭合指症を含む)
  33. 骨形成不全症
  34. 口笛顔貌症候群
  35. ルビンスタイン-ティビ症候群
  36. 常染色体欠失症候群
  37. ラーセン症候群
  38. 濃化異骨症
  39. 6歯以上の先天性部分(性)無歯症
  40. チャージ症候群
  41. マーシャル症候群
  42. 成長ホルモン分泌不全性低身長症
  43. ポリエックス症候群
  44. リング18症候群
  45. リンパ管腫
  46. 全前脳(胞)症
  47. クラインフェルター症候群
  48. 偽性低アルドステロン症(ゴードン症候群)
  49. ソトス症候群
  50. グリコサミノグリカン代謝障害(ムコ多糖症)

引用:http://www.jos.gr.jp

 

月一で遠い大学病院へ通うことになっても、費用は断然こっちの方が安くなるし助かります。

もし上記の病気をもっていらっしゃるお子さんがいて、矯正を考えられている方がいれば病院や歯医者選びは慎重に行った方がいいと思います。

具体的な矯正費用についてはこちら↓

歯の矯正はいくらかかるの?大人と子どもの費用の違いは!?

アフタmomも気になっている娘の歯並び… 「矯正が必要になると思います」と言われてはいるんですが、ま ...

続きを見る

 

おわりに

大学病院の小児歯科。

すごく雰囲気も先生もよかったです!!

そして今すぐしなくても大丈夫なことや、保険が適用されることなど知らなかったことを知ることができました。

 

矯正はやっぱり高い!!

みいの場合も自費だと70万くらいはかかりそうでした(汗)

福沢諭吉が70人も飛んでいくなんて…痛すぎる!!

実際のところ自費で矯正しなければいけない方の方が多いのでしょうけど…

(でも病気がなく健康なのが一番です!!!)

 

やはり高額だからこそいろいろなことを検討して、一番いい方法やタイミングで矯正を開始できるといいですよね。

少しでも参考になる方がいらっしゃれば幸いです。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

スポンサーリンク

にほんブログ村

ぽちっとしていただけると喜びます♪
にほんブログ村 健康ブログ 口腔ケア・口の健康へ
にほんブログ村

-娘のこと, 歯の矯正

Copyright© 口内炎と闘うアフタmomの研究室~お口の健康を守りたい~ , 2018 All Rights Reserved.