長年難治性の口内炎と闘いながらも明るく生きるアフタmomがお口の健康について考え追求していくブログ

口内炎と闘うアフタmomの研究室~お口の健康を守りたい~

オーラルケア

デンタルフロスの正しい使い方と選び方とは?

更新日:

歯ブラシだけでは歯垢除去率は60%しかありませんが、デンタルフロスを使うことで80%~90%まで除去率をあげることができるそうです。

以前の記事の中でもデンタルフロスをおすすめしましたね。

アフタmomもデンタルフロス使っています。

でも…うまく使えているのか…?

いや…全然うまく使いこなせなーい(涙)

思った以上に難しい!

正しい使い方をお伝えするのが遅れて申し訳ありませんっ!!

というわけで、今回はデンタルフロスの正しい使い方と選び方をしっかりお伝えしていきたいと思います。

スポンサーリンク

デンタルフロスの種類と選び方

デンタルフロスにはいくつかの種類があります。

自分に合ったものを選んで用途に合わせて正しく使いましょう。

デンタルフロスにはホルダータイプと糸巻きタイプがあります。

 

ホルダータイプ

デンタルフロス初心者やまだデンタルフロスが習慣づいていない方はホルダータイプが使いやすくておすすめです。

糸巻きタイプに比べると準備などもいらないし、手軽に使うことができます。

F字型

出典:https://cosmenist.com

いわゆる『糸ようじ』タイプです。

前歯に使いやすいです。

Y字型

出典:https://lohaco.jp

F字型に比べると奥歯にも使いやすいです。

アフタmom個人的にはY字型の方が奥歯にも前歯にも使えて好きです。

糸巻きタイプ

出典:http://www.okamuragroup.com

糸巻きタイプは必要な長さだけ切り取って、指に巻き付けて使います。指に巻き付ける準備も必要で、慣れるまでは難しいかもしれませんが、慣れてしまえば経済的でおすすめです。

ワックスタイプとノンワックスタイプがあります。

ワックスタイプは繊維がワックスでコーテイングされていて歯と歯の間に挿入しやすく、切れにくいのが特徴です。

初心者の方や詰め物が多い方におすすめです。

ノンワックスタイプはワックスで固められていない分、繊維が広がり歯の表面にフィットするので汚れが落ちやすいのが特徴です。

ただ切れやすかったり歯間が狭い方は挿入しづらいことがあります。

ノンワックスタイプの方が歯垢除去できるので慣れてきたらノンワックスタイプに切り変えてみるといいですね。

また最近ではエクスパンドタイプというものがあります。

唾液や摩擦で糸がスポンジのように膨らむタイプです。

一番歯垢除去できるそうです!!

ちなみにアフタmom、『一番汚れがよく取れる』に惹かれて、最初からこのフロスでやってみましたが…

慣れていなくてちょっと難しかったです(笑)

今までデンタルフロスの習慣がなかった方はホルダータイプかワックスタイプから始めることをおすすめします。

1回の使用分は40cmくらい。指の先からひじまでの長さが目安です。

デンタルフロスの使い方

スポンサーリンク

ホルダータイプ(Y字型)

1.デンタルフロスを歯にあてる

歯と歯の間にデンタルフロスをあてます。

2.歯と歯の間に入れる

ゆっくり横に動かしながら歯と歯の間に入れます。

3.上下に動かす

中に入ったら上下に動かし、隣り合った歯の両方の面を磨きます。

4.横に動かしながら取り出す。

取り出すときもゆっくり横に動かしながら取り出します。

引用:https://lidea.today

Y字型でご紹介していますが、F字型もやり方は一緒で大丈夫です。

糸巻きタイプ

1.1回の使用分のフロスを取り出し、指に巻きつける

1回の使用分のフロスをケースから取り出し、左右の中指に2~3回巻きつけ指と指の間を1~2cmの長さにします。

1回の使用分は40cmぐらい。指の先から肘までの長さが目安です。

2.歯と歯の間に入れる

歯と歯の間にデンタルフロスをあて、横に動かしながらゆっくりと歯と歯の間に入れます。

鏡を見て確認しながら使用しましょう。

3.上下に動かし歯垢を落とす

歯の根元まで入ったら歯に巻きつけるようにして、上下に動かし歯垢を落とします。

隣り合った歯の両方の面を清掃します。

4.横に動かしながら取り出す

取り出すときも横に動かしながらゆっくり取り出します。

引用:https://lidea.today

ワンポイントアドバイス

デンタルフロスをいつ使えばいいのかというのはとても気になるところですね。

慣れるまでは1日1回でもいいので、デンタルフロスを使う習慣をつけましょう!!

1日1回のおすすめは夜寝る前です。

歯ブラシを使う前か後かということですが、これはどちらの意見も聞かれます。

まず歯ブラシで取れる汚れは取ってしまい、取れなかった汚れをデンタルフロスで取ると効率的です。

でも歯ブラシの後にしてしまうと、初心者の方やめんどくさがり屋さんは結局使うのをやめてしまうことも多いです。

まだデンタルフロスの習慣がついていない方は、先にデンタルフロスを使用してから歯ブラシを使う方が習慣づけられそうでな気がしますね。

ご自分に合った方法でデンタルフロスを習慣づけていきましょう!

おわりに

デンタルフロスはやはり慣れるまでは時間もかかるし大変だと思います。

でも慣れてしまえばとても効率的に歯垢が除去できて、虫歯や歯周病が予防できます!!

アフタmomもまだデンタルフロスを使いこなしているとはいえないのですが、毎日のデンタルフロス使いを習慣づけています。

まずは習慣にすることが大切だと思いますので、歯ブラシと上手に使い分けながら健康なお口を保っていきたいですね!

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

スポンサーリンク

にほんブログ村

ぽちっとしていただけると喜びます♪
にほんブログ村 健康ブログ 口腔ケア・口の健康へ
にほんブログ村

-オーラルケア

Copyright© 口内炎と闘うアフタmomの研究室~お口の健康を守りたい~ , 2018 All Rights Reserved.