長年難治性の口内炎と闘いながらも明るく生きるアフタmomがお口の健康について考え追求していくブログ

口内炎と闘うアフタmomの研究室~お口の健康を守りたい~

オーラルケア

歯磨きのタイミングはいつが正しいのか?徹底比較してみた!

更新日:

歯磨きっていつするのがベストなのか??

ずっと悩み続けた結果…

結局アフタmomは食後30分で磨いていました。

これには一応理由があるのですが…それはまた後ほど。

 

いつ歯を磨けばいいのかということについて、アフタmomは研究室の室長らしく(笑)いろいろと調べ続けてきました。

 

でも調べれば調べるほど…

意見が真っ二つーーーーーー!!!

いや、2つどころかいろいろな意見が…

 

何が正しいのかどれが正解なのか…

きっとどれも正しいのではないか…?(え?意味がわからない?)

迷走し続けた結果、それぞれの意見を徹底比較してみました!

 

スポンサーリンク

脱灰と再石灰化

比較する前にこの2つの言葉の意味を知る必要がありますので少し整理しておきましょう。

 

脱灰(だっかい):食事をした後に酸が歯のエナメル質の内側からリンやカルシウムを溶かし出すこと

再石灰化:脱灰によって溶けてしまった成分を唾液の働きによって回復すること

簡単に言うとこんな感じになります。

 

出典:http://www.koc.or.jp

 

食後30分説

食後30分経ってから歯磨きしましょうといわれるようになった理由は、食後の口内環境が酸性に傾くことにあります。

 

脱灰が始まることによって歯のエナメル質が溶け歯がやわらかくなります。

その状態で歯を磨いてしまうと歯を傷つけてしまうというわけです。

 

またせっかく口内環境を中和し再石灰化を促そうとしている唾液を、歯磨きすることで歯磨き粉ともに外に出してしまっているという意見もありました。

 

最近はこの説は酸蝕症(さんしょくしょう)の方や象牙質知覚過敏の方のみ当てはまるという意見が増えてきています。

また特に酸性の強い飲み物や食べ物を食べた後も30分おいた方がいいという意見が聞かれたり、中にはやっぱり上記以外の方でも30分おいた方がいいという意見もあります。

食後すぐ説

以前は食べたらすぐ磨くということが当たり前だったような気がします。

食後30分説がささやかれるようになってからみんな戸惑い始めたんですね(笑)

でもやっぱり食後すぐ磨きましょうという意見が有力になってきました。

 

情報に振り回されやすい、日本人(涙)

 

その理由は食後に酸性に傾くとはいえ、普通の食事をした程度では歯ブラシで歯が削られていくというのは考えにくいということだそうです。(酸蝕症の方は別です)

 

ただ研磨剤が入った歯磨き粉をつけた歯ブラシでゴシゴシと横磨きをするのはいただけません!

それは本当に歯が削れてしまうそうですよ。

 

また酸性に傾く原因である食べかすをなるべく早く取り除くことが大切だという声も聞かれました。

なるべく早くというのは口内が酸性に傾く10分以内だそうです。

おお~~、食後にゆっくりしている場合じゃない(笑)

 

安心してください、うがいでも大丈夫みたいですよ。

それかデンタルフロスを食卓に置いておくのもいいのかも…

(実際、アフタmom宅には置いてあります⇦ズボラなだけ笑)

 

また日本小児歯科学会からは下記のようなメッセージも出されています。

小児における歯みがきの目的は歯垢の除去、すなわち酸を産生する細菌を取り除くとともにその原料となる糖質を取り除くことです。歯みがきをしないままでいると、歯垢中の細菌によって糖質が分解され酸が産生されて、歯が溶けだす脱灰が始まります。このように、歯垢中の細菌がつくる酸が歯を脱灰してできるむし歯と、酸性の飲食物が直接歯を溶かす酸蝕症とは成り立ちが違うものなのです。

結論としては、通常の食事の時は早めに歯みがきをして歯垢とその中の細菌を取り除いて脱灰を防ぐことの方が重要です。

引用:http://www.jspd.or.jp

アフタmom
なんだってー!?

あ、失礼(笑)

じゃあ、アフタmomジュニアには休日も平日と同じくさっさと歯磨きさせるべきですね!!

今度から迷わずさっさと歯みがきさせちゃいます(笑)

これは小児歯科に限らずとも大人にも当てはまるので、食後すぐ説の理由はこういうことなんですね。

また歯磨きを習慣づけるという意味でも食後すぐに磨きましょうといわれているようです。

 

ちなみに再石灰化を促す成分が含まれている歯磨き粉などもあるようですが、おすすめは歯磨き粉なしで磨くという意見が多かったです。

 

スポンサーリンク

いつでもいい、磨けていれば説

なにそれ…(笑)

いや、本当にね…すみませんね。

 

この説はそもそも歯垢が除去できていない歯磨きは歯磨きではない!!ということです。(キビシー!)

でもそりゃそうだ、大切なことだな~って思います。

 

プラーク(歯垢)は食後24時間でできます。

その24時間の間、つまり1日1回しっかりとした歯磨き(プラークコントロール)ができていればいいということです。

 

1番効果的なのは寝る前にしっかり歯磨きをすることだそうです。

 

それさえできていれば、いつしてもいいと…(笑)

いつするのかより質が大事!!ってことですね。

食後は食べかすを取る程度の歯磨きでもいいから1日1回は丁寧に丁寧に正しく歯を磨きましょう!という説でした。

 

おわりに

食後30分か、食後すぐか…うーむ…悩みますか?

悩んでる方はまずは自分の歯が酸蝕症傾向にないか確かめる必要がありそうですね。

 

ちなみにアフタmomが30分おく理由…

まさに自分は酸蝕症の傾向があると思っておりますぅ…

出典:http://www.geocities.jp

恥ずかしながらずっと前からこれに近い感じ‥‥だと思いますぅ…(涙)

 

歯が気になって歯医者さん行っても口内炎がひどくて「口内炎が治ってからまた…」とか言われて、ずーーーっと治ることがないっていう…(笑)

まあこれについては詳しくはまた改めてお話しますが、そういう理由で念のため30分あけています。

 

いろいろな意見がありますが、酸蝕症じゃない方、子どもさんは食後すぐでも問題ないということのようです。

1番大切なのはタイミングよりどう磨くか…

個人的にはやっぱりこれかなって思いました。

 

私も時間がない時には30分も待ちませんし、待てません…(汗)

 

いくらタイミングを気にして磨いても正しく磨けていなければ元も子もありませんからね。

食後はしっかり食べかすを落とし、最低でも1日1回は丁寧にプラークコントロールを行いましょう。

ガムで唾液の分泌を促したり、食後はすぐにうがいをするのも有効です。

 

自分の生活スタイルに合わせて、そして自分の歯の状態に合わせて、歯磨きをしていってくださいね。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

 

スポンサーリンク

にほんブログ村

ぽちっとしていただけると喜びます♪
にほんブログ村 健康ブログ 口腔ケア・口の健康へ
にほんブログ村

-オーラルケア

Copyright© 口内炎と闘うアフタmomの研究室~お口の健康を守りたい~ , 2018 All Rights Reserved.