長年難治性の口内炎と闘いながらも明るく生きるアフタmomがお口の健康について考え追求していくブログ

口内炎と闘うアフタmomの研究室~お口の健康を守りたい~

口内炎

口内炎ができる原因はお酒にもある?解決策はあるの?

更新日:

年末年始、お酒を飲む機会が増えますね。

忘年会、新年会…そして春になると歓送迎会などもあります!!

私、アフタmomはもう何年もまともにお酒は飲んでいません。

ほぼ禁酒状態です。

 

口内炎をはじめとする体調不良のせいもありましたが、何よりお酒を飲むと口内炎ができる!!

そう感じていたからです。

 

 

ここのところ体調がよく、先日久しぶりに少しお酒をたしなみました‥‥

翌日‥‥やっぱり小さいアイツが出現していました(涙)

 

言っておきますが、お酒好きですよ。

若い時は浴びるように…人並みにお酒を楽しんでいました。

それでもアルコール摂取を意識して控えるようになったのは、やっぱり口内炎ができると身をもって感じ始めたからかもしれません。

上手にお断りして、場の雰囲気を楽しむことができるようになったのも大きいでしょうか…

 

今回はどうしてお酒を飲むと口内炎ができるのか?

そのワケを探ってみました。

スポンサーリンク

ビタミンを大量消費する

口内炎の予防に欠かせないビタミンですが、アルコールを飲むとこのビタミンが欠乏しやすくなります。(特にビタミンB₁)

アルコールを体内で分解する際にこのビタミンが大量に消費されるそうです。

 

また同時にビタミンの吸収を悪くしビタミンが排出されやすくなってしまいます。

甘いものを食べた時にも同じことが言えます。

 

水分を大量消費する

これまた体内でアルコールを分解する際に、大量に水分が消費されます。

 

アルコールには利尿作用もあって、トイレが近くなりますよね。

水分不足の状態になると、お口の中も乾きやすくなります。

お酒を飲んだ後にお口が乾くと感じたことありませんか?

 

口内が乾くと当然口内炎ができやすい口内環境になってしまいます。

 

口の中が不潔になりやすい

Alexas_Fotos / Pixabay

お酒を飲んでいい気分になったり、たまには泥酔したり…(笑)

お酒を飲むと酔っぱらいますよね。(中には酔わない人もいるでしょうけど)

 

お酒を飲んでそのままバタンキューとなってしまうこともしばしば‥‥

 

それは完全アウトです!!!

 

夜寝る前に歯磨きやオーラルケアをせずに寝てしまう…

これはお口にとって、とってもヤバいことでございます!!!

 

緊急事態、一大事です!!!

もう…それは…ほら‥‥

ね?

 

こんな偉そうなこと言ってますけど、私もお酒で失敗したことあります。(汗)

(大きな声で言えませんが)

記憶がなくなって気がついたら朝だった…みたいなことも‥‥

 

ああ~、若かったな~…

若いって素晴らしい!(笑)

 

でもそんなときのお口の中は口内炎ができても文句がいえない状態です。

できやすい方は特に注意しましょうね。

 

どんなに酔っていても歯磨きだけはしっかりしてから寝る!

そんな強い精神で宴会に臨みましょう!!(笑)

 

粘膜が刺激物にさらされる

特に炭酸系のお酒を飲むと刺激が強いです。

胃腸の粘膜同様、お口の粘膜にも刺激を与えています。

 

口内炎ができている時、アルコールで消毒になるんじゃないの?なんて思ってしまう方…きっといると思います。

 

ええ、私もそう思ったことがありました(笑)

 

なりませんよ!!!!

 

アフタmomそう思って焼酎飲んだことありますが…(あるんかい!)

 

消毒にはなりません!!!

 

そして、お酒と共におつまみがおいしいんですよね~‥‥

おつまみもまたお口に刺激を与えるものが多いです。

個人的にはこれも口内炎ができてしまう原因ではないかと思っています。

スポンサーリンク

解決策

禁酒!!!

 

いやいやいや…アフタmom室長さんよ…って思ってます?

でもこれが1番の解決策ですよ?(笑)

 

でも私も鬼ではありませんから、お酒飲みたい気持ちよ~くわかります。

解決策、考えてみました!

解決策その1:ビタミン剤を飲む。

気休め程度になってしまうかもしれませんが、ビタミン剤を飲んでいきましょう!

(特に欠乏しやすいビタミンB₁を中心としたビタミンB群、ビタミンA)

そして翌日にも補給しましょう!!(もちろんビタミンを多く含む食材でもOK)

 

解決策その2:意識して水分補給を十分に行う。

 

解決策その3:刺激の強い炭酸系のお酒は避ける。

※だからといって他のお酒が刺激がないわけでは決してございません。

 

解決策その4:優しいおつまみを選ぶ。

枝豆なんてビタミンB₁もB₂も含まれていて最高ではないでしょうか!!

あとはレバーやチーズなんかもいいですね!

揚げ物や辛い物でなく、健康的で低刺激なおつまみを選びましょう。

 

解決策その5:お酒を断れる精神力と話術を身につける。

これってけっこう大事です!

口内炎が理由でお酒断るなんてできない…なんていってられません!

口内炎はできやすい本人にとっては切実な問題ですから!!

 

本当はそんなにお酒が飲みたくない、別に飲まなくてもいいのであれば…

飲まないにこしたことはありません。

 

実際アフタmomははっきり言います。

「口内炎ができてるから」「口内炎ができるから」「薬飲んでるから」「体調あんまりよくないから」なんだっていいんです!(笑)

 

一緒の空間にいて笑って楽しくやってれば文句も言われないようになりますから!

しらふで酔えるようになってしまいましょう(笑)

そのうち同情もしてもらえるようになりますよ。

 

解決策その6:意地でもオーラルケアだけはして寝る。

 

・・・・・・・え?なにか?(笑)

 

これは普段から就寝前のオーラルケアを習慣づける、身につけること、そして記憶が飛ぶほど飲みすぎないことが大事ですね。

これができればきっと翌朝も気持ちのいい目覚めが待っているはずです♪

 

おわりに

お酒は口内炎にとっていいことはありません。

それはもちろんそうなのですが、人間ですからお酒が飲みたくなる時もあります。

 

アフタmomもほぼ禁酒ですが、ほぼなのはたまーーーに無性に飲んでみたいなって思う時もあるからです。

だいたい1杯でやめますけどね。(弱くもなりました笑)

 

我慢しすぎてストレスがたまるのもまたよくないので、上手に付き合っていけたらいいのではないかと思います。

お酒を飲むときには自分のお口や体を大切にしながら楽しんでくださいね。

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

 

スポンサーリンク

にほんブログ村

ぽちっとしていただけると喜びます♪
にほんブログ村 健康ブログ 口腔ケア・口の健康へ
にほんブログ村

-口内炎

Copyright© 口内炎と闘うアフタmomの研究室~お口の健康を守りたい~ , 2018 All Rights Reserved.