長年難治性の口内炎と闘いながらも明るく生きるアフタmomがお口の健康について考え追求していくブログ

口内炎と闘うアフタmomの研究室~お口の健康を守りたい~

口内炎

口の中を噛む原因とは?痛い口内炎は絶対に作りたくない!!

更新日:

いたっ!!!

また口の中を噛んじゃったよ~~(涙)

 

こんな経験ありますよね?

口内炎あるあるですね。

そして噛んだところにはみるみるうちに血豆や口内炎が…

あ~、想像するだけで身震いしちゃいます(笑)

 

アフタmomはいつも思っていました。

口内炎ができないように気をつけているのに…

こんなに注意してるのに…

 

どうして噛んじゃうの~??

あ~、私のバカバカーーー!!(笑)

 

それにはちゃんと理由があったんです!!

 

今回は人はなぜ口の中を噛んでしまうのか?

こんな壮大なテーマでお送りしたいと思います(笑)

(研究室的にはかなり壮大なテーマです…ん?なにか?)

 

スポンサーリンク

ストレス

これはどんな病気の原因にも出てくるな~なんて思っちゃうアフタmomです。

でも口の中を噛んでしまうということとも無関係ではないそうです。

 

人はストレスが溜まると無意識に口を動かしたり唇や頬を噛んだりしてしまいます。

これは噛むことでストレスを発散させようとしているんです。

 

噛むと幸せホルモンのセロトニンが分泌されます。

でも噛んで口内炎ができてますますストレスが溜まってしまったら元も子もありません。

寝ているときに噛んでしまう方も要注意ですよ!!

 

ストレスが溜まってるな~という自覚がある場合はストレス解消に努めてくださいね。

また逆に、最近よく噛むな~という方はストレスが溜まっていないか自分と向き合ってみてください。

 

疲れ

RobinHiggins / Pixabay

疲れがたまっていると、口や舌をいつものように動かせなくなることがあります。

思い通りに動かせないため、思った動きと違い噛んでしまうのです。

 

また疲れていると、頬の筋肉が緩んで肉が下に下がってしまいます。

これも噛んでしまう一つの原因になります。

 

口を噛んでしまう時は疲れがたまっている証拠でもあります。

ゆっくり休息をとるように心がけましょう!

 

口腔内の異常

噛み合わせが悪かったり被せ物が合っていなかったりすると噛んでしまうことがあります。

 

虫歯の治療や親知らずを抜いた後に歯並びが変化すると、体がまだ覚えておらず噛んでしまうことが多くなります。

歯の治療をした後はゆっくり食べるようにしましょう。

 

また食いしばりや歯ぎしりの癖がある方は歯がすり減ってしまうことで噛み合わせが深くなり、頬や舌を巻きこみやすくなります。

よく口の中を噛んでしまう方は一度歯医者さんに相談されるのもいいと思います。

 

スポンサーリンク

体重の増加

jarmoluk / Pixabay

太ってしまうと頬のお肉が口腔内に張り出してしまい、噛んでしまいやすくなります。

急激に太ってしまった場合は特に変化についていけないので噛んでしまいます。

 

口や舌の動きが鈍くなった

老化などで口や舌の動きの連携がうまくとれなくなってくると、口の中を噛みやすくなります。

 

またビタミンB₁が不足すると、神経に小さな障害が発生して筋肉がうまく動かせなくなってしまう場合があります。

口内炎の予防のためにもビタミン不足には気をつけたいですし、また食事は集中してとるように心がけていきたいですね。

 

何度も同じところを噛んでしまう

痛いのに何度も同じところを噛んでしまうことってありますよね~。

アフタmomも何度も経験しました。

 

一度噛んで口内炎などができてると、その部分が盛り上がっていたりもするので余計に噛んでしまいやすくなります。

 

また口内炎ができて痛みでうまく口が動かせなかったり、栄養不足になったりと悪循環になってしまっている場合もあります。

 

しっかりと栄養と休養をとって、噛まないようにゆっくりと食べること…

自分で注意していくしかありません。

 

噛みすぎると腫瘍になる!?

多くの場合は噛んでも口内炎や血豆ができて問題なく治っていきます。

(痛いのでそれはそれで大問題ですけどね…笑)

 

でも何度も同じところを噛んでしまう…癖になってしまっている…

治りかけてはまた噛んでしまい…と繰り返していると潰瘍になり、それが腫瘍になってしまうケースがあるそうです!

 

良性の場合がほとんどですが中には悪性になってしまう場合もあります!!

何度も同じところを噛んでしまうという方は注意しましょう。

 

おわりに

口の中を噛んでしまうと本当に痛いですし、その後に口内炎ができてしまったりすると本当にイヤで苦痛ですよね。

私の場合はひどい口内炎ができて体調を崩しているときに限って、口の中を噛んでしまいます。

ストレス、疲れ、栄養不足などの要因が重なっているのでしょうね。

 

また口内炎ができていると口を動かしにくく思うように動かなかったり、寝ているときに急に口がカクッと動いてしまいひどく噛んでしまったこともあります。(思い出したくもない笑)

 

口の中をよく噛んでしまうという方は一度自分の体や心を見つめなおすことも大切かと思います。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

スポンサーリンク

にほんブログ村

ぽちっとしていただけると喜びます♪
にほんブログ村 健康ブログ 口腔ケア・口の健康へ
にほんブログ村

-口内炎

Copyright© 口内炎と闘うアフタmomの研究室~お口の健康を守りたい~ , 2018 All Rights Reserved.