長年難治性の口内炎と闘いながらも明るく生きるアフタmomがお口の健康について考え追求していくブログ

口内炎と闘うアフタmomの研究室~お口の健康を守りたい~

口内炎 食べ物

口内炎ができていても食べられる!おすすめのおせち料理は?

投稿日:

師走に入り今年も本当にあと少しです。

あっという間に過ぎていくような気がします。

 

年末は忙しくて口内炎ができやすい時期です。

忘年会などで暴飲暴食しやすく栄養が偏ったり、睡眠不足にもなりやすいですね。

 

お正月の楽しみにおいしいおせち料理があります。

なのに…年末にできた口内炎が痛くておいしいおせちが食べられないかも!!

 

お正月に口内炎なんて本当に悲しいです(涙)

年の始めからブルーな気持ちになりますよね…

 

まずは口内炎ができないようにすること。

そしてできたらすぐに治るように対処すること。

何よりこれが大切なのですが、どうしてもお正月に口内炎ができていたら…

 

大丈夫です!!

おせち料理って意外と口内炎ができていても食べられるものも多いです!!

今回は口内炎ができていても楽しめるおせち料理の食べ方を教えます!

スポンサーリンク

 

おせちの種類別!食べられる?食べられない?

おせち料理にはいろいろな種類がありますが、それぞれの食材に意味がありますね。

 

でも口内炎ができている時は意味の前に食べられるか食べられないか…

ここを見極めていきましょう(笑)

 

定番のおせち料理別にまとめてみました。

 紅白かまぼこ

かまぼこは『日の出』を意味していて、紅白は祝いの色です。

かまぼこは口内炎ができていても基本的には大丈夫です。

 

ただできている場所によっては食べにくく噛むときに痛みを感じる場合もあります。

 

間違ってもお醤油などはかけてはいけませんよ!!

素材の味を楽しんでください(笑)

 

伊達巻

知性・子孫繁栄・華やかさの意味があるそうです。

 

伊達巻も基本的には軟らかく食べやすいものです。

 

ただ甘いのでその甘みが強い場合は口内炎に当ってしまうと痛むときもあるかもしれません。

小さくして食べましょう!

 

錦玉子

黄身と白身が金と銀に例えられ、錦織りなすあでやかさで正月料理に喜ばれます。

 

伊達巻と同じく甘みに気をつけて食べると大丈夫です。

 

ただ黄身の部分が口内炎にくっついてしまうととても痛い思いをしますので、食べる時は口内炎の部分を避けて口にいれましょう!

 

栗きんとん

黄金に輝く色が財宝に例えられ金運、そして『勝ち栗』という言葉もあるように勝負運を招くという意味があります。

アフタmom個人的には大好きなおせち料理の一つです。

 

ただ!!これが口内炎に当るととっても痛いです!!

 

食べやすいのは食べやすいので、口内炎に当らないように気を付けて食べましょう!

ひどい口内炎の時は栗は避けた方が無難かもしれません。

 

黒豆

『まめ』に働き『まめ』に暮らすということから、健康・長寿の意味があります。

 

黒豆は小さいので食べやすく、口内炎があっても1粒づつパクッと食べられますね。

ただ汁はしみるのでまわりに汁が絡まっている場合は気を付けてくださいね。

 

健康を願う意味でもぜひ食べておきたいですね!!

スポンサーリンク

 

昆布巻

喜ぶの語呂に合わせて縁起がいい食べ物です。

 

ただ昆布はしみます(涙)

 

口内炎ができている場合はあんまりおすすめしません。

特に昆布巻は食べているときに口内炎を避けるのもむずかしいです。

 

どうしても食べたい時には小さくして十分に気を付けて食べましょう。

 

田作り

五穀豊穣をもたらすゆたかなおめでたい料理で豊作を願います。

 

これは…刺さります(笑)

片口いわしの小魚の頭や尻尾がまた上手に口内炎に刺さるんですよね~。

 

刺さって口内炎が悪化するかもしれないリスクをおってまでは食べない方がいいと思うので、おすすめはしません!

 

数の子

子孫繁栄を願う縁起のいい食べ物です。

基本的には食べやすく大丈夫だと思います。

 

でも汁が出るのでそれが口内炎にしみる場合もあります。

気を付けて食べてくださいね。

 

紅白なます

赤は魔除け白は清浄という意味もあり紅白のめでたい食べ物です。

が・・・・酢の物なので食べない方がいいです!!

 

菊花かぶも同様ですが、基本的に酢の物は口内炎には厳禁です(笑)

お酢が口内炎にしみて悶絶してしまいます…

 

エビ・ブリ・鯛

エビは腰が曲がるまで長く生きられますようにという長寿を願います。

ブリや鯛も縁起が良くお正月には欠かせないお魚ですね。

 

エビは汁に気を付けて食べればなんとか食べられると思います。

ブリや鯛もお醤油を使わずに素材の味を楽しむようにすれば(笑)大丈夫です!

 

お餅が食べたい!どうする?

 

お餅自体は口内炎にしみる要素はあまりないのですが、お餅が口内炎にくっつくかもというリスクはあります(笑)

 

お餅で問題なのはどういう料理で食べるかということです。

 

お雑煮が一番いいかと思います。

お出汁を薄味にしておけばあまり問題なく食べられるでしょう。

 

海苔を巻いてお醤油、そしてきなこ‥‥

とってもおいしい食べ方なんですが、口内炎ができている時にはダメです!!

 

海苔を巻いてお醤油…

海苔は刺さるわ、お醤油はしみるわ…ああ、痛そうです…(涙)

 

そしてきなこ餅!

おいしいですよね~、アフタmomも大好きです。

でもきなこって思った以上に口内炎にしみます!

お気を付けください‥‥

 

そしてもう一つ、甘ーいぜんざいもおいしいですよね!

大好きですよ~、大好きですけど…難易度が高いです(笑)

同じ小豆なら汁のないあんこ餅の方がおすすめです。

 

おわりに

いかがでしたか?

定番のおせちでご紹介しましたが、口内炎ができていても食べられるおせちって意外とたくさんあります。

 

また最近はおせち料理も多様化していていろんな形のおせち料理があります。

食べられそうな食材がたくさん入っているおせちを選ぶ、またはご自分で作られる時にはお口に優しい食材を選ぶのもいいかもしれませんね。

 

でも一番大事なのは口内炎がないこと!!ですよね。

お正月のおめでたい時に口内炎で苦しまなくてもいいように、くれぐれも年末の体調管理には十分に気を付けて無理をしないようにしましょう。

そしてできてしまった場合は早く治しましょう。

 

アフタmomおすすめの治し方はコチラです↓

口内炎の塗り薬ケナログの効果的な塗り方!!画像あり!!

長年、口内炎と闘ってきた中でたくさんの薬を使用してきました。 口内炎の薬といえばケナログ軟膏。 &n ...

続きを見る

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

スポンサーリンク

にほんブログ村

ぽちっとしていただけると喜びます♪
にほんブログ村 健康ブログ 口腔ケア・口の健康へ
にほんブログ村

-口内炎, 食べ物

Copyright© 口内炎と闘うアフタmomの研究室~お口の健康を守りたい~ , 2018 All Rights Reserved.