長年難治性の口内炎と闘いながらも明るく生きるアフタmomがお口の健康について考え追求していくブログ

口内炎と闘うアフタmomの研究室~お口の健康を守りたい~

テレビ

ザ!世界仰天で取り上げられたパトムとは?自分の周りの人にアレルギー症状が出る!?

投稿日:

2018年3月6日に放送された日本テレビ【ザ!世界仰天ニュース】のまさかのアレルギースペシャルの中で、初めて聞いた気になる病気について取り上げられていたのでご紹介していきたいと思います。

アレルギーでも他のいろいろな病気でも普通は症状がある方に意識が向きますよね。

 

でも今回は自分の周りにいる人にどんどん同じ症状が出現してしまうというお話でした。

自分といると周りの人がアレルギーのような咳をし始める!?

そんな不思議なことが起こるなんて…でも本当にあるようです。

スポンサーリンク

 

自分のせいで周りの人がアレルギー!?

いきなり余談ですが、ゲストに岩田剛典さんがいらっしゃっていました♪

岩ちゃんもアレルギー持ちみたいです。

岩ちゃんカッコいいですよね~♡

大好きです(≧▽≦)

岩ちゃんの魅力を語り始めると止まらなくなりそうなのでやめておきます(爆)

イケメン好きなアフタmomですw

 

さて、本題に入りますね…

仰天スタッフがある女性を取材していました。

40代のごく普通の女性でした。

 

彼女はある日突然、周りの人が急に咳をしたりくしゃみをしたり、目が痛いとか鼻の奥が痛いとか…そういう症状が出始めたそうです。

場所を変えても人が変わってもそのような症状が起こって、自分がいることで周りの人にアレルギーの症状が出ているということが長い期間あったようです。

その状況を考えるだけでも精神的につらかっただろなって想像がつきます。

 

そしてその病気とは…

People Allergic To Me (私にアレルギーを示す人)

この頭文字をとってPATOM(パトム)と呼ばれています。

 

彼女も最初は病院に行っても取り合ってもらえなかったそうです。

「放棄したかったですね、人生を…」と言われていました。

病気のつらさってなった本人にしかわからないって私はいつも思っているのですが、きっと想像を絶するつらさだったはずです。

私もだったのですが、原因不明ってけっこうキツイですよね。

 

彼女を襲ったPATOMとは?

RyanMcGuire / Pixabay

彼女がこの症状に気づいたのは6年前…

当時は中学校でアシスタントティーチャーをしていたそうです。

また別の資格を取るために仕事終わりに専門学校にも通い始められました。

忙しさで疲労感があり、体がだるくなってきてしまいます。

発熱などはなく早めに就寝するように心がけていたそうです。

でも寝ても疲れはとれず…そんな状態が1年ほど続いたということでした。

 

すると彼女の周りで奇妙な出来事が起こり始めます。

彼女のそばにいる生徒たちが異臭を訴えたり、目や鼻の違和感を訴え始めました。

彼女自身は異臭は感じません。

そして少し離れると先ほどの生徒の症状は治まり、代わりにまた近くにいる生徒が似たような症状を訴え始めます。

そんな奇妙な症状は毎日のように続いたそうです。

 

変なニオイがするというのが一番多かったようです。(古い家の臭い・焦げ臭い)

子ども達に限らず職員でも同じでした。

こうなるとさすがに自分が原因では…と思いますよね。

 

彼女は入念に体を洗い、衣類は消臭効果のあるものを見につけるようになったそうですが、やっぱり自分の周囲にだけ奇妙な反応が起きてしまいます。

消臭スプレーを持ち歩き休み時間の度に吹きかけていたそうです。

それでも状況は変わらず…

ご両親に相談したそうですが、両親には全くそんな反応は出ません。

 

はっきりしたことはわからないけど、自分のせいで他人に迷惑をかけている‥‥そう思った彼女は仕事を退職せざるをえなかったそうです。

その後生活のため職を転々としますが、中には症状が出ない人もいたけどどの職場でも何人かは似た症状を訴えたとのことです。

 

生きづらい日々‥‥

そうですよね、どんな気持ちだったか計り知れないです。

そして症状が出始めて6年が経った時、ネットの掲示板でパトムの書き込みを見つけたそうです。

 

PATOMの診察を行っている病院へ

スポンサーリンク

 

パトムの診察を行っている病院へ行くとまずは皮膚ガステストという検査をされたそうです。

皮膚ガスというのは生体ガスの一種で300種類以上も体の表面から出ているガスの総称です。

子どもから年配者まで誰からも出ているものだそうです。

初めて知りました…

 

実際に彼女を診察した医師で小西統合医療内科の院長である小西康弘先生

先生によると彼女の場合はいくつかの物質が高く出ていて、その中でも石油化学物質であるトルエンが高く出ていたそうです。

トルエンとは…塗料や接着剤などの溶剤として使われている石油化学物質です。

毒性が強く複数の法律で厳しく規制されています。

 

今のところパトムのメカニズムや原因については不明な点が多いです。

一説では皮膚ガスとして放出される化学物質によって周囲の人がアレルギーに似た反応を示してしまうと推測されています。

 

小西先生によると化学物質がパトムの根本原因なのかどうかというのはまだまだ研究していかなければならないけど、パトムの患者さんで皮膚ガステストを行うとほぼ100%石油化学物質が高くなっている傾向があるとのことでした。

 

皮膚ガス研究の第一人者である東海大学理学部の関根嘉香(せきねよしか)教授によると…

今回の女性から多く検出されたトルエンという成分はシンナーやガソリンのようなニオイがあって、人に対して目や喉や鼻に刺激を与えることがあるそうです。

通常このような成分は少なからず誰の体からもでることはありますが、今回のパトムの患者さんの皮膚ガスの量は異常に多いと言えます。

 

ニオイと症状の関連というのはまだはっきりとはわかりませんが、パトムの方の周囲にもし化学物質に過敏な人がいた場合、アレルギーのような症状が出ることはあると考えられるとのことでした。

 

PATMの症状がサプリメントで改善!

Skitterphoto / Pixabay

この女性はパトムの治療を始めて2年になるそうです。

腸内環境を整え、体の解毒作用を高めるといったサプリメントを数種類飲み、現在も治療されています。

 

ご本人の許可をいただきスタッフが顔を近づけても全然嫌な感じのニオイはしなかったそうです。

また目・鼻・喉に違和感が出ることもありませんでした。

 

治療の効果で症状は大きく改善できているようです!!

本当によかったですね!!

でも全てのパトムの人が彼女のように改善されるわけではないそうです。

 

先ほどの小西先生はその原因も何もわかっていないので特効薬などはないと言われています。

体のバランスを整えていくという治療なんだそうです。

それで治る方もいれば治らない方もいるのが現状だということでした。

 

PATMの症状のまとめ

調べてみるとパトムの症状は人によって本当に様々でしたのでまとめておきたいと思います。

人に与える症状

・咳・咳込み・痰・喉の違和感

・くしゃみ・鼻水・鼻づまり

・目のかゆみ・充血

・皮膚・粘膜への刺激

 

自分の症状・疾患(人によって違います)

・痰・唾液のねばつき・膿栓

・蓄膿・咽頭痛・喉の違和感・乾燥・咳

・自律神経失調症

・過敏性腸症候群

・アトピー性皮膚炎

 

その他の特徴・影響

・場所に関係なく自分の周りの人に症状が出る

・自分がいない時には症状が治まる

・反応する相手・しない相手に分かれる

・長くなると反応が薄くなる人もいる

・一般的な健康診断では問題がなく血液検査などは正常値の人が多い

・睡眠時間の乱れや強いストレスがあった時期に発症した人が多い

・緊張すると症状がひどくなる人がいる

 

おわりに

私は今回初めてこのパトムという病気を知りました。

自分がいることで周りの人たちに症状が出てしまうなんて本当につらいと思います。

番組でも久本雅美さんが結婚だったりそういうのも諦めてしまうかも…未来に希望が持てなくなってしまうよね…って言われていたのですが、本当に精神的にも参ってしまう、そんな病気なのかなって思います。

 

今現在もこの病気で苦しんでいる方がいらっしゃいます。

パトムはまだあまり世の中に認知されていなくて理解されにくい部分もあるのではないでしょうか?

このブログを書くことで少しでもこの病気の理解にお役に立つことができればいいなって思います。

 

また睡眠不足や疲れ・ストレスというのはどんな病気であっても発症しやすい状態にしてしまうのではないかと改めて思います。

自分自身にも身に覚えがありますから…(汗)

 

まだまだ原因不明で解明されていないことも多いようですが、一日でも早く研究が進み原因がはっきりとわかり治療方法が確立されていくことを心から願います。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

スポンサーリンク

にほんブログ村

ぽちっとしていただけると喜びます♪
にほんブログ村 健康ブログ 口腔ケア・口の健康へ
にほんブログ村

-テレビ

Copyright© 口内炎と闘うアフタmomの研究室~お口の健康を守りたい~ , 2018 All Rights Reserved.