長年難治性の口内炎と闘いながらも明るく生きるアフタmomがお口の健康について考え追求していくブログ

口内炎と闘うアフタmomの研究室~お口の健康を守りたい~

体験談 口内炎

繰り返す口内炎が原因で開口障害に!?改善策はあるの?

投稿日:

久しぶりに体験談を書いていきたいと思います。

ごあいさつでも少しだけお話ししているのですが、私は軽度の開口障害になったことがあります。

今はだいぶ改善していて気にならない程度になってきました。

 

開口障害ってなってみてから気が付いたのですが、日常生活に支障が出てくるのはもちろんのこと、すごくストレスがたまります!!

今回はもし同じように悩まれている方がいたら少しでも参考になったらいいなと思いつつ、その時のお話をしていきたいと思います。

スポンサーリンク

 

同じ場所に繰り返す口内炎

その頃‥‥というかまあまあ最近の話ではあるんですけどね(笑)

やや右の方の上唇の裏の口内炎がなかなか治らずに、治りかけてはまた悪化して…というのをずっと繰り返している状態でした。

同じく左側にもよくできていました。

 

なんでこんなに繰り返していたのかは私にもわかりません。

たぶん今までで一番繰り返した場所じゃないかなって思います。

 

痛みはあるんですけど、これも強くなったり弱くなったりの繰り返し…

期間は数カ月に渡っていました。

 

大きいスプーンが入らない!

たぶんですね、口内炎があった時から若干開口障害の症状が出ていたんだと思います。

でも痛いから口を動かしにくいとか開けにくいとか…そういう勘違いしちゃっていて症状に気が付くのが遅かったです(汗)

 

ちゃんと気が付いたのはある日カレーを食べている時…

(アフタmom家族そろってカレー好きです♡あ、いらない情報?w)

いつものようにカレー用の大きいスプーンを口に入れようと‥‥

 

ん??入らない…

あれ??口が開かない!?Σ(・ω・ノ)ノ!

うっそーーーー!!!

 

本当にね…いろんなことに鈍い人なんでしょうね、私…(汗)

確認してみると上唇の裏の端から端まで1本の筋みたいなものがピーーーンと張っていて、さらに左口角にも上下にかけて少し筋が‥‥

ひきつれている…と言うとわかりやすいのでしょうか?

そんな状態でした。

 

あーーんと口を大きく開けようとしてみると、明らかに今までより全然開きませんでした(涙)

なぜこんなになるまで気が付かなかったのか…自分で自分を疑いました…(;一_一)

 

そしてそれ以来私のスプーンは可愛いムーミンのスプーンになりました。

(あ、いらない情報?w)

また大きいスプーンが入るようになった今でも、娘のみいはムーミンスプーンを出してくれるんですけどね(笑)

 

耳鼻科で診察を受ける

病院の主治医の先生に伝えると、先生も「ホントやんっ!!!」ってびっくりされて、「こっちの方が心配だよね~、なんか…」って口内炎そっちのけで(笑)開口障害の方をずっと診察‥‥

 

ちなみに開口障害の目安は人差し指・中指・薬指の3本を縦にして口に入れて入るかどうか…

この時の私は3本は入りませんでした。

 

電話で耳鼻科の先生に問い合わせてくれて、とりあえずマッサージはした方がいいとのことでマッサージのための保湿剤も一緒に聞いて出してくれました。

保湿剤は皮膚の乾燥とかにも使われる一般的なものです。

 

病院で出してもらったことがある方も多いのではないでしょうか?

ヒルドイドソフト軟膏です。

耳鼻科の診察は改めて受けるということでとりあえずしばらく自宅でマッサージを続けていました。

マッサージといってもただ自分で口を伸ばしたり、伸ばしたり、伸ばしたり、たまにもんでみたりするだけですけれども…(笑)

その時に切れたりすることもあるので保湿剤を塗ってやった方がいいそうです。

 

そして耳鼻科の診察日。

相変わらずクールな耳鼻科の先生(笑)

口を何度もグルグル触って確認。

「う~ん、そうだね~。」

先生の説明をまとめるとこんな感じでした。

口の中の粘膜は再生能力が高いのでこんな風になることはあんまりない。

方法としては手術して切って広げる方法もあるけど、口の粘膜は難しくてうまくつかないこともある。

手術してますますひどくなってしまうことも考えられる。

だからこの程度の軽度の開口障害では手術は勧めない。

開口器もあるけど、今のところはマッサージをしてこれ以上悪くならないようにしていくしかない。

 

マッサージぐらいしかできなくて、一回こうなったらあんまりよくならないっていう見解でした。

けっこうショックでしたね。

 

口がちゃんと開かないストレス

スポンサーリンク

 

話すときに支障があるほどではありませんでしたが、笑う時!!

これがけっこうつらかったです。

思いっきり笑えないというか‥‥

 

写真とか撮る時にも口を開けて笑えなくなったんですよね。

ニッコリしても今までと同じ笑顔にならなくて左の口角が不自然だったんです。

言わないとわからない人にはわからないのかもしれないんですが、これがすごくストレスで嫌でしたね~。

笑顔って大切ですからね。

あ、後でまた詳しく書きますが今は笑顔も復活してます(笑)

 

あとは大きいものが食べられない‥‥

自宅ならただ小さく切って食べればいいんですけどね。

ハンバーガーとかね…かぶりついて食べないといけない系。

これは時間がかかるし食べられなくて、避けていました。

 

食べる時に口が大きく開けられないってね、けっこう大変だしストレスもたまります。

何でも食べられておいしいものをおいしく食べることができるって幸せなことです!

 

改善してきた!

lightstargod / Pixabay

体調がよくなってきたここ2,3か月なのですが…

体調がよくなるにつれてなんとなく口の開きも調子がよくなってきたような気はしていました。

もちろん時々マッサージしたり、口をあーーいーーーって大きく意識して開けたり…そういうことは続けてきました。

 

そんな時に有名な歯医者さん、森昭先生との出会いがありました。

その時もらったストレッチオーラル!

歯科医の森昭先生が開発したストレッチオーラルの唾液分泌効果がスゴイ!

先日、素敵な出会いがありました。 現在6万部のベストセラーになっている『歯はみがいてはいけない』 & ...

続きを見る

 

唾液の分泌を促す効果ももちろんすごいのですが、これでマッサージをすることでより口腔粘膜や皮膚が伸びたのかなって思います。

手よりも伸ばしやすいですしね。

 

それでマッサージを続けることによってさらに効果的にマッサージできたのか、今では気にならないくらいに改善しています。

ずっとあった上唇の裏の筋もほとんどないですし、左の口角は普通に比べるとまだ伸びは悪いですが確実によくなってきています。

 

ハンバーガーもいけます!(笑)

先日の診察でも先生が「あれ?口の開きよくなったね!」って言ってくれました。

今では指もちゃんと3本入るようになりました♪

今後も続けていって筋がまったく消えて元通りになったらいいなって思っています。

 

おわりに

開口障害の原因は口内炎だけではないですし(むしろ口内炎が開口障害の原因になることの方が稀だと思いますが…)様々な原因で悩まれている方も多いのではないかと思います。

開口障害はツライ!!

これが体験してわかりました。

 

原因別に対処方法は違うと思うのですが、継続的にアプローチしていくことがとても大切なのではないかなって思いました。

 

また繰り返す口内炎に悩まれている方、特に同じ場所に長期間繰り返している時は口の開きなども十分に注意してください。

場所によっては口の開きに影響を及ぼしたり、口内炎が治っても粘膜がひきつれてしまうこともあります。

 

もし口の開きが悪い?って少しでも感じる時にはなるべく早めにマッサージしてあげたり、病院に相談されてくださいね。(自分でも指を縦に3本入れてチェックしてみてください)

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

スポンサーリンク

 

にほんブログ村

ぽちっとしていただけると喜びます♪
にほんブログ村 健康ブログ 口腔ケア・口の健康へ
にほんブログ村

-体験談, 口内炎

Copyright© 口内炎と闘うアフタmomの研究室~お口の健康を守りたい~ , 2018 All Rights Reserved.