長年難治性の口内炎と闘いながらも明るく生きるアフタmomがお口の健康について考え追求していくブログ

口内炎と闘うアフタmomの研究室~お口の健康を守りたい~

お口の健康法 テレビ

世界一受けたい授業で紹介された医師10万人に聞いた効果のあるインフルエンザ対策とは?

投稿日:

2018年1月27日に放送された日本テレビ【世界一受けたい授業】でインフルエンザ対策について特集していました。

最近はインフルエンザについて頻繁にテレビで特集が組まれています。

それだけ大流行していて気をつけなければいけないということでしょうね。

 

今回はその内容のご紹介です。

過去のテレビ番組でもやってある内容は省略しますので、そちらの記事も合わせてご覧になってくださいね。

 

インフルエンザ対策にはお口からの侵入を防ぐことが何より大切です。

正しい知識を身につけてインフルエンザから身を守りましょう!!

スポンサーリンク

 

今年は殺人インフルエンザで患者数急増中!!

今、まさに大流行中のインフルエンザ!

あちこちで集団感染のニュースがあったり、特に高齢者の間では死者も出ているようです。

現在の患者数は554万人!!(厚生労働省「インフルエンザの発生状況」より2018年1月19日発表)

昨年は386万人だったのでかなり多いことがわかります。

 

その理由は半年前に南半球で流行した殺人インフルエンザ!!

オーストラリアではインフルエンザの死者数が過去3年間の約7倍!!

殺人インフルエンザについては過去記事で詳しく書いていますのでこちらも合わせてご覧になってください↓

林修の今でしょ!講座で紹介!木村拓哉も実践する殺人インフルエンザ対策!

2018年1月16日に放送されたテレビ朝日【林修の今でしょ!講座3時間スペシャル】で殺人インフルエン ...

続きを見る

 

医師10万人アンケートによるインフルエンザ対策!

教えていただいたのは医学博士の石見(いわみ)陽先生。

珍しいお名前…いわみとは読めないですねw

 

スタジオでインフルエンザにかかったことある人~?との質問。

荒川静香さんとwithBはないそう…

すごいな~。やっぱりアスリートは健康にも十分気を付けているのかな?(withBはアスリートでもないけどw)

でも羽生くんはかかっていたし、体を鍛えていたり健康に気を付けていてもダメな時はダメなのか…運??(以上アフタmomの独り言でした…)

 

話を戻して…

インフルエンザの予防として最も効果があると思う対策は?』というアンケートを医師10万人に実施して、その上位5位まで紹介されました!!

 

5位 加湿をする

「インフルエンザウイルスは湿度が高いと弱るから部屋の加湿が大切」(麻酔科50代男性)

「鼻や喉の粘膜を正常に保つことによりウイルスの侵入を防ぐ」(一般内科50代女性)

 

やっぱり加湿は大切なんですね!

ちなみに理想の湿度は50~60%

 

ふとアフタmomの部屋の湿度…30%!!!(恐!)

やっべ!!!そっこーーー加湿します!!!

室内にいる時は加湿器などで湿度調節しましょう!!

油断するとすぐ30%とか40%になっちゃいますから!!

 

4位 予防注射をうつ

「感染予防はワクチンだけでは困難と思われるが重症化予防は期待できる」(一般内科60代男性)

 

研究により高齢者(65歳以上)への効果は

発症リスク:約45%防ぐ

死亡リスク:約80%防ぐ

…という結果が出ています!

やっぱり重症化はかなり予防できるということですよね!!

 

高齢者や子ども、体の弱い方などは絶対に打つべきですね。

予防接種は基本だと私も思います!

医師自身は88%は打っているそうです…(打ってない医師もいるのね…)

 

3位 睡眠・休養をとる

「睡眠不足は免疫力低下を招く」(整形外科30代男性)

 

ウイルスを退治するのに欠かせないのが血液中のリンパ球!

リンパ球はウイルスに感染した細胞と闘います。

 

リンパ球は睡眠や休養しているリラックスした状態の時に働くので、質の良い睡眠は免疫力アップにつながります。

無理は禁物ですね!!

 

2位 人混みにいかない

「飛沫感染だから人混みはうつりやすい」(一般内科50代男性)

 

近くにいる人がくしゃみをすると…約2メートル離れていても感染の恐れがあります。

また1回のくしゃみで10万個のウイルスが飛び散るそうです‥‥(恐)

 

ここでWHO(世界保健機関)が推奨するとっさの時の正しいくしゃみのやり方が紹介されました。

『そでで鼻と口を押える』

これ、私はけっこう身についていたりします^^

意識してやっているとけっこうすぐに自然と身についていくと思いますよ!

 

ちなみに手で覆ってしまのは危険です!

手にウイルスが付着して病原体を広げる可能性が高いからです。

注意しましょうね!!

 

あ、くしゃみは我慢してはいけません…

詳しいことはこちらの記事を読んでくださいね↓

ノンストップ!で紹介された正しいくしゃみの仕方!くしゃみは止めると危険!?

2018年1月18日フジテレビ【ノンストップ!】でくしゃみについて取り上げられていたのでご紹介したい ...

続きを見る

 

1位 手洗いをする

「手や指から感染する可能性は結構ある」(小児科60代男性)

 

インフルエンザにも効果的な手洗い方法。

過去記事でも紹介しましたが、大切なことなのでもう一度書いておきますね!!

短く2回洗う短短(たんたん)洗い

①ハンドソープで10秒もみ洗いします。(手の平、手の先、手の甲、爪、指、指の間、手首までしっかり洗いましょう!)

②流水で15秒すすぎます。

これを2回行なうだけです。

30秒もみ洗いを1回して15秒すすいだ時よりも、ウイルスが100分の1に減少するそうです。

 

インフルエンザかも?病院へ行くときの注意点!

スポンサーリンク

 

インフルエンザの疑いがある場合に病院へ行く前に最初にやるべきことTOP3が紹介されました!

 

1位 マスクをする

感染を広げないために必ずしましょう!!

1番注意してほしいのはマスクを外す時に外側のフィルターを触らないことだそうです。

仮にインフルエンザだった場合にフィルターに付着したウイルスが手につくことで感染を広げる可能性があるからです。

 

2位 安静・休養

病院に早くかかりすぎてもウイルスの量が体内で十分に増えていないので、検査をしても陽性にならないことがあります。

病院へ行くタイミングの目安としては熱が出だしてから12時間後、12時間から48時間の間が1番いいです。

熱が出だして病院へいくまでの間は安静にしてしっかり休養をとっておきましょう。

 

3位 隔離

部屋で隔離していれば周りと触れないので当然拡散を防ぎます。

家族間でもうつらないように気を付けていきたいですよね!!

 

ちなみに4位は病院へ電話してインフルエンザかもしれない旨を伝えること。

5位は水分をとることでした。

 

解熱剤を自分の判断で飲むのは非常に危険なのでやめましょう!!

解熱剤の種類によってはけいれんや不整脈の可能性を高める薬があるそうです。

自分で判断せずに熱が出たら病院にかかって診断してもらうようにしましょうね。

 

おわりに

お医者さん自身にアンケートをとったインフルエンザ対策ということでやっぱり効果には期待が持てますよね!!

すぐに実践できるものばかりですし、ぜひ心がけていきたいと思います。

 

また病院へ行く前に注意することもとても勉強になりましたね。

(できればインフルエンザにはかかりたくないですけど…汗)

 

大流行中のインフルエンザですが対策をしっかりとしてかからないように…運悪くかかってしまっても人にうつさないようにしていきたいですね!!

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

スポンサーリンク

にほんブログ村

ぽちっとしていただけると喜びます♪
にほんブログ村 健康ブログ 口腔ケア・口の健康へ
にほんブログ村

-お口の健康法, テレビ

Copyright© 口内炎と闘うアフタmomの研究室~お口の健康を守りたい~ , 2018 All Rights Reserved.