長年難治性の口内炎と闘いながらも明るく生きるアフタmomがお口の健康について考え追求していくブログ

口内炎と闘うアフタmomの研究室~お口の健康を守りたい~

テレビ

名医のTHE太鼓判!でわかった誤嚥性肺炎の意外な原因と咳に効く飲み物とは?

投稿日:

2018年2月26日に放送されたTBS【名医のTHE太鼓判!】ではあなたの呼吸は大丈夫?肺年齢診断SPがありました。

一見お口とはあんまり関係なさそうですが(呼吸だから関係あるかな…汗)、口と肺はつながっていますのでやっぱり無関係ではありません!

 

今回は番組の中で紹介された中でお口の健康と関係のある内容をご紹介していきたいと思います。

(お口のブログなので全ては取り上げていませんのでご了承くださいね)

スポンサーリンク

 

意外な誤嚥性肺炎の原因とは?

誤嚥性肺炎と聞くと真っ先に食べ物を誤嚥してしまうことを想像しますよね?

でも誤嚥性肺炎の原因は食べ物だけではなかったんです!

 

番組では俳優の前田吟さんを例に紹介されていました。

前田吟さんはベテランの渋い俳優さんです。

人のよさもあらわれていて温かい雰囲気もある俳優さんですね。

 

前田吟さんは現在74歳ですが、肺年齢は81歳で実年齢よりマイナス7歳と診断されていました。

原因は寝ている間に自覚症状のない肺炎にかかってしまっていたそうです!

知らないうちに肺炎になっているとか…こわいですね~。

 

前田さんはいろいろな健康法を実践されていましたが、ここは先生方の評価もいまいちでしたのですっ飛ばしますね(笑)

暖房はつけないとか白湯にはちみつ入れて飲んだりとか、玉ねぎをタオルに包んでマフラーにして首に巻くとか(意味不明…笑)いろいろこだわりがあるようでした…

ちなみにたばこは60歳でやめられたそうですが、それまでは1日40本近く吸っていたそうです。

 

そんな前田さん。

CT検査を行ったところ肺炎を起こしていたそうです!!

CTの画像にも誤嚥性肺炎を繰り返した痕が写っていました。

誤嚥性肺炎とは食べ物などが誤って気管に入って起こる肺の疾患です。

 

でも実は…誤嚥性肺炎の7割は食べ物ではなく唾液で起こるそうです!!

 

唾液ーーーー!?

 

寝ている間に細菌の多い唾液が気管に落ちて誤嚥性肺炎を発症します。

寝る前の歯磨き・オーラルケアがいかに大切かもわかりますね。

少しでも細菌の繁殖を減らしていかなければいけません。

寝る前に歯磨きしないで寝てしまうなんてもってのほかですね!!

 

寝ている間など無意識に細菌を含む唾液が肺に入り肺炎を引き起こすことを隠れ誤嚥というそうです。

睡眠中に咳を繰り返す場合は隠れ誤嚥の可能性があります。

 

そして前田さんの場合の隠れ誤嚥の原因…

睡眠時無呼吸症候群だったようです。

しかも重症でした!

なんと呼吸停止が最大1分40秒だったそうな‥‥

長い!!!こわっ!!!

 

睡眠時無呼吸症候群の合併症として胃酸が逆流して気管に落ちて誤嚥性肺炎を生じることもあるらしいです。

胃酸が何度も気管に入ると炎症を起こします。

 

また誤嚥性肺炎を繰り返すと肺の手前の気管支が広がって拡張し、夜にそこに痰が溜まってひどいと血痰がでることもあります。

前田さんさらっと「僕必ず出る…一発だけだよ」と発言‥‥Σ(・ω・ノ)ノ!

どんだけのん気なんだーーーー!!!(笑)

 

前田さんは睡眠時無呼吸症候群の治療をすぐに始めるように言われていて、重症なのでCPAP(シーパップ)という機械もつけた方がいいと言われていました。

もし同じような症状に心当たりがある方は早めに病院を受診するようにしましょう!!

 

咳に効果的な飲み物!

スポンサーリンク

次はいとうまい子さんです。

53歳だそうですがすごくキュートで可愛らしい方ですよね!

 

いとうさんは元々小児ぜんそくがあったそうですが、今でも風邪をひくとすっきりと治らずに咳が続いてしまうとのこと。

3か月くらい夏まで続くこともあるそうです。

 

先生が咳が2週間以上続く時点でそれは風邪ではないと言われていました。

覚えておきましょう!!

 

いとうさんは咳喘息で間違いないそうです!!

咳喘息とは慢性的に咳が続く気管支の病気で、放置すると本格的な喘息に移行することもあります。

 

実は私も咳喘息にかかったことがあります。

もう‥‥本当につらかったです!!!

二度となりたくないっ!!

咳のし過ぎで胸のあたりに痛みが生じて肋軟骨炎にもなっちゃいました。

咳止めは全く効かなかったのですが、喘息の薬を飲むと治りました。

ちなみに小児喘息の3割が大人になって再発するそうですよ。

 

ここで咳を止めるのに最強の組み合わせがあるとのこと!

待ってましたーーー!!

その組み合わせとは…

 

はちみつ+コーヒー

Bru-nO / Pixabay

 

はちみつには抗炎症作用

コーヒーには気管支拡張作用

があります。

咳止め薬より効果が期待できるということです。

 

私、普段はあまりコーヒー飲みませんがはちみつコーヒーおいしそう!

咳が出る時にはぜひ飲んでみたいです。

コーヒーをよく飲まれる方ははちみつ足すだけなんで手軽にできますね!

 

はちみつは元々お口の健康とも相性がいいので、いろんな形で取り入れていきたいですね。

 

おわりに

誤嚥性肺炎の原因の7割が唾液だったというのは本当にびっくりでした。

そして細菌が含まれた唾液は肺にまで影響を及ぼしてしまうのですね。

寝る前にお口の中をきれいにすることの大切さが改めてわかりました。

 

また、咳喘息はひどくなると喉や胸まで痛めてしまうこともあります。

おかしいなと思ったら早めに病院を受診することをおすすめします。

その上ではちみつコーヒーを飲むといいですね!!

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

スポンサーリンク

にほんブログ村

ぽちっとしていただけると喜びます♪
にほんブログ村 健康ブログ 口腔ケア・口の健康へ
にほんブログ村

-テレビ

Copyright© 口内炎と闘うアフタmomの研究室~お口の健康を守りたい~ , 2018 All Rights Reserved.